毎日続けやすく英検対策にも◎「パルキッズ」プリスクーラーわが家での効果&口コミはなかなかGOOD!

おうち英語.com 管理人の みやびです。

 

今回はわが家で、インプット教材の中心にしている英語教材「パルキッズ(オンライン版)」(七田式教育)について、書いてみたいと思います。

 

わが家は娘が5歳の約半年前に、自宅だけで英語学習を行う「おうち英語」を始めました。

 

その約半年の間、いろいろ試行錯誤してきましたが、英語教材をいくつか組み合わせて、娘の英語学習に取り組むことで、先日、娘が英検Jr.GOLDを、正答率80%ですが取得しました。(英検Jrの対策はせずに、普段のまま受験しました。)

 

この「パルキッズ (オンライン版)」(七田式教育)は、約4か月前から、わが家でメインの英語教材にしている教材で、ほぼ毎日、娘は継続してレッスンしています。

 

この「パルキッズ(オンライン版)」のよい点は、子どもの英語の理解度が目に見えやすい。というところも大きなポイントで、オンライン上でテストがあるので、子どもにも、親にも、子どもの英語の理解度が分かりやすく、どの点を補充したらよいのか?という点も、親に分かりやすいです。

 

この「パルキッズ(オンライン版)」は、おうち英語を初めた当初、手探りでおうち英語のやり方を探す中で、児童期によい英語絵本の多読を、もっと効果的にできないだろうか?と試行錯誤する中で、偶然みつけた教材です。

 

この教材は、英語絵本の多読の良さを、オンライン上に再現したような教材です。

 

またこの「パルキッズ(オンライン版)」は、毎日コツコツと子どもが継続しやすい教材で、この「子どもが継続しやすい教材を選ぶ」という点は、子どもの英語学習においては本当に大切なポイントだと思います。

 

けれども、どの英語教材が合うのかは、その子どもさんによって違うかもしれませんし、子どもさんの年齢によっても違うと思います。

 

今回ご紹介する英語教材「パルキッズ」(新しくなったオンライン版!)については、赤ちゃんなど、とても小さいお子さんには、もしかしたらあまり向いてないかもしれませんし、使いこなし方に工夫がいるかもしれません。

 

けれども、幼稚園や保育園の年少さん以降、年中さん年長さんや、小学生のお子さんには、この「パルキッズ(オンライン版)」は、初めに、英語の絵辞典で、しっかり英単語を子どもが覚えてから取り組むと、とても効果的な教材で、とても継続しやすい良い教材だと思います。

 

今回はそんな英語教材「パルキッズ(オンライン版)」について、その特徴やその効果、また他の方の口コミや、わが家での使い方を交えながら、詳しく書いてみたいと思います。

 

【今回の目次】

☆「パルキッズ(オンライン版)」の英検対策にもよい特徴とその効果とは?

☆「パルキッズ(オンライン版)」の口コミはなかなかGOOD!

☆「パルキッズ(オンライン版)」プリスクーラーの効果を、もっと子どもの英語力につなげる、わが家での使い方のポイント

☆まとめ:今はオンライン英語教材が、おうち英語の力強い味方です!

今回は上記の4つについて、書いてみたいと思います。

 

☆「パルキッズ」(オンライン版)の英検対策にもよい特徴と、その効果とは?

image

この「パルキッズ」(七田式教育)は、教材の歴史としては30年あるそうですが、以前は、テキストとCDの形だったようです。

 

けれども、この「パルキッズ」が近年、オンライン版にリニューアルされたことで、以前の教材や、他の英語教材とはまた違う、とても使いやすい英語教材に生まれ変わりました!

 

この「パルキッズ(オンライン版)」の特徴は、オンライン上に、1日分ごとに、英単語や動画、英語の絵本や英語の歌などのレッスンが、まとめて用意されていて、そのレッスンの形が、英検対策にもよいことが、とても特徴的です。

 

また「パルキッズ」は、英検5級から、各級に合わせたオンライン講座も開設しています。

 

「パルキッズ」では、幼児を対象とする教材は、プリスクーラーとキンダーの2つがあります。(上記の写真はプリスクーラーです)

 

そして、「パルキッズ」のプリスクーラーの語彙は、1,260語(英検3級レベル)

 

また、「パルキッズ」のプリスクーラーとキンダーを合わせると、2,500語(英検準2級レベル)

 

「パルキッズ」は、語彙の豊富さも特徴的です。

 

また、講座がレベルごとに分かれていて、レベルごとに購入できるのも魅力だと思います。

 

お値段は、プリスクーラー、またはキンダー、そせぞれ、オンラインレッスン2年分がついて、税込約7万円です。

 

初期投資が高くなってしまいますが、1か月に割ると2,980円くらいになります。

 

この「パルキッズ(オンライン版)」では、プリスクーラーとキンダーともに、オンライン上のレッスンが、1日に5分前後。

 

そしてCDのかけ流しが90分というのが基本です。

 

この「パルキッズ(オンライン版)」で、例えばプリスクーラーのみで、英語量の面で、これだけで1日のインプット量は十分!ということは、私は、個人的には、難しいのではないか…とは思います。

 

けれど、この段階的にレベルアップしていく「パルキッズ(オンライン版)」のプリスクーラーやキンダーを、インプット教材の中心にして、子どものその日の様子を見ながら、必要に応じて他の教材も組み合わせて使ってみる。

 

例えば、英語絵本や動画を足したり、英語絵辞典のタッチペンの教材を追加して使ったり…等々、このパルキッズ教材を中心に、子どもが好む他のものも追加して、使っていく使い方がおすすめです。

 

この「パルキッズ(オンライン版)」プリスクーラーやキンダーの効果としては、この2つのオンラインレッスンの中に、英語絵本の音読が出てきて、この音読が、英文の暗唱に繋がりやすいです。

 

また語彙についても、ここまで語彙が豊富な幼児用の英語教材は、なかなかないです。

 

そして、オンラインレッスンと同じ内容のCDを、毎日90分かけ流していると、子どもはそのパルキッズの、各オンラインレッスンに出てくる英語絵本の内容を、自然に暗記してしまいます。

 

そして毎日、各オンラインレッスンで、目と耳と口を使って、その英語絵本を音読していく。暗唱していく。そして英単語を覚えていくことが、子どもの英語力をつけていっているのかなと思います。

 

またレッスンに関連する英単語は、フラッシュの形です。1回にフラッシュされる単語数は、そう多くはなく、無理のない範囲で、英単語をオンラインレッスンで覚えていく。というレッスンの連動も、とても良いと思います。

 

また定着のためのプリント教材も、プリントアウトすることができます。

 

☆「パルキッズ」(オンライン版)プリスクーラーとキンダーの口コミはなかなかGOOD!

 

この「パルキッズ」プリスクーラーとキンダーの口コミは、「パルキッズ」がオンライン版にリニューアルした後は、口コミがとてもよいものが多いです。

 

『派手な営業活動や勧誘などはなく、教材の実力と口コミで広がっている印象』というものや、

 

『(実際にお子さんがレッスンされて、英語の)高い定着率がポイント』というコメント。

 

また、子どもがインターナショナルのプリスクールに通っているが、自宅で「パルキッズ」のオンラインレッスンを、補助学習として使っている。というコメントをされている口コミもありました。

 

けれども、「パルキッズ」のプリスクーラーをやっているけれども、効果が全く感じられない!というコメント、口コミもありました。

 

これは、私の個人的な考えですが、「パルキッズ」のオンラインレッスンを使うのにもコツがあり、教材の仕様書に縛られず、子供の様子に合わせて、教材を組み合わせて子供がレッスンを理解していくようにサポートすることが、とても大切だと思います。

 

次は、そのように、わが家で、「パルキッズ(オンライン版)」プリスクーラーを使う時に、前もって行っていて良かったこと。

 

また、娘が、おうち英語を始めて半年で、英会話になじみ始めたポイントについて、書いてみたいと思います。

 

☆「パルキッズ(オンライン版)」プリスクーラーの効果を、もっと子どもの英語力につなげる、わが家での使い方のポイント

 

はじめに、スタートする前の大事なポイントとして、「パルキッズ(オンライン版)」のプリスクーラーやキンダーを開始する前に、タッチペン式の英語絵辞典などで十分に、子どもが英単語になじんでいる事が、とても大切です。

 

この英単語を先に学習しておくと、「パルキッズ(オンライン版)」では、英単語の暗記のためのクイズテストがあるので、知っている英単語があると、子どもは喜びますし、親も、子どもがどのくらい、英単語を覚えているのかが分かる貴重な機会になるので、レッスンを続ける、よいモチベーションにつながります。

 

また、簡単な英語絵本の読み聞かせで、英語絵本にもなじんでおくと、「パルキッズ(オンライン版)」のレッスンは、英語絵本の読み聞かせに似た形のレッスンも出てくるので、レッスンにとても取り組みやすいと思います。

 

そしてレッスンは、1日に数分と、短い時間なので、まずは毎日、レッスンを、ササッと済ませる習慣をつけることが大切です。

 

毎日していると、子どもは、毎日していることを続けたくなるみたいで、2〜3週間もすると、レッスンが習慣になってくると思います。

 

そしてこの「パルキッズ」プリスクーラーとキンダーは、四年、教材をやり通したら、英語が口からあふれてきて、英会話ができる!ということなのですが、子どもが英語に十分なじんできて、自分からポロポロと英単語を言ったりしたら、教材をやり終えるのを待たずに、手軽なオンライン英会話などを使い、英会話のレッスンも進めていくことも大切です。

 

おうち英語を始めてからこの半年、何度も思ったのですが、英語を子どもが身につけるには、やはり、子どもが日本語を身につけていくのと同じように、いろんな形で、英語に触れていくことが、とても大切です。

 

言葉をまず覚えて、絵本を読んで、会話して…

 

いろんな形で同じ言葉、同じ表現に出会うことで、言葉は身についていくのだなぁ…と、この半年、娘をみていて思いました。

 

インプットの英語教材も大切にしながら、アウトプットの英会話も大切にする。

 

それが大事だと思います。

 

☆まとめ : 今はオンライン英語教材が、おうち英語の力強い味方です!

 

わが家では、この「パルキッズ(オンライン版)」プリスクーラー等と、オンライン英会話のネイティヴキャンプ(Native Camp.)を娘の英語教材の中心にしています。

 

今は、オンライン版の英語教材が、本当に便利です。

 

それに追加して、タッチペン式の英語絵辞典で単語を覚えたり、英語絵本の読み聞かせをしたり、無料の英語童話アプリで童話をみたり等も、その日できる範囲でしています。

 

この方法でおうち英語をすると、英語力もつくし、費用も膨大にかからずに済みます。

 

英語はやはり、毎日コツコツ継続できるツールを選ぶこと!

 

それが効果的に子どもの英語力をつける、ポイントだと思います。

ご訪問頂いてありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

「おうち英語の質問箱」のお知らせ

親子英語☆フラッシュカードが可愛い♡必須英単語200を覚えるアプリ

いろんな意味で視野を広げる

おうち英語スタート時の「パルキッズ」と「Little Fox」

《質問箱》「ワールドワイドキッズ」スタート時のコツ

「パルキッズ」の簡易版「アイキャン リード」新感覚英語絵本!オンラインレッスン付...