ネイティブキャンプ

新型!オンライン英会話のネイティブキャンプ!初めはコインで子どもと仲良しの先生を発見☆

おうち英語.com 管理人の みやびです。

 

前回の記事にも書いた、ネイティブキャンプ(Native Camp.)

 

月額4,950円で、レッスンは回数無制限。

予約不要で、すぐに英会話できる手軽さが大人気です。

 

その大人気のネイティブキャンプ(Native Camp.)、子どものオンライン英会話としても、とてもおすすめです。

 

今回は、そのネイティブキャンプ(Native Camp.)に子どもが馴染むための、コイン(予約)の使い方について、簡単に書いてみたいと思います。

 

☆ネイティブキャンプ(Native Camp.)のコイン(予約)で、いろんな先生と仲良しに

image

初めに、ネイティブキャンプの無料体験(7日間)を申し込むと、正会員と同じく、毎日、専用のアプリを立ち上げたらすぐに、回数無制限のオンライン英会話をすることができます。

 

そして、無料体験(7日間)を申し込むと、1,000コインが無料で付いてきます。

 

普段は、1,000コイン、1,000円で購入します。

 

このコインは何かというと、ネイティブキャンプのネット上のお金です。

 

これは講師の先生を、予約する時に使います。

 

✳︎ネイティブキャンプ(Native Camp.)は、前もって先生を予約する時は、コインが必要です。普段は先生を予約せずに、すぐ、待機している先生とレッスンを開始します。その時にはコインはいりません。


基本的にネイティブキャンプ(Native Camp.)は、オンラインでいつも、講師の先生が待機していますが、その待機している先生が、いつも同じ先生ということは少ないです。

 

というのも、オンライン英会話のネイティブキャンプ(Native Camp.)、先生もたくさんいるので、時間によって、待機している先生=今、空いている先生が違うからです。

 

オンラインレッスンを子どもが楽しいかどうかは、特に、英会話初心者の子どもの場合、先生と楽しく過ごせたかどうかが大きく影響します。

 

子どもは嬉しかったことをよく覚えているので、以前、楽しくレッスンした先生のことを、よく覚えていたりします。

 

そこで、無料体験(7日間)の時におすすめなのが、無料でもらったコインで、いろんな先生を予約して、無料体験の間に子どもにいろんな先生と、レッスンさせておくのもひとつの方法です。

 

ネイティブキャンプ(Native Camp.)の先生方は、皆さんとても優しくて、子ども好きで、熱心な先生がとても多いです。

 

けれども、小さな子どもは気分屋なので、今日はレッスンしたくない〜という日もあります。

 

そこで、この無料体験(7日間)の間にたくさんのいろんな先生とレッスンしておくと、子どもがレッスンに気持ちが乗らない時でも、

以前に1度、楽しくレッスンした先生が、オンライン上にレッスンok!で待機しているのを見ると、子どもは結構、レッスンする〜!モードに入ってくれたりします。

☆無料体験(7日間)の間はコインはおかわり無料!

 

コインは無料体験(7日間)の1番初めに、1,000コインが付いてきます。

 

そして、ネイティブキャンプ(Native Camp.)さん、すごく太っ腹だな〜と感心するのですが、予約のコイン、無料体験(7日間)の間は、コインのおかわりが自由なのです。

 

つまり無料体験の7日間の間は、無料で講師の先生を予約し放題!

 

キッズコースのいろんな先生と、子どもがレッスン出来ると思います。

 

☆まとめ : コインでたくさんの、子どもと仲良しの先生を見つけよう!

時代はついに、ここまで来ちゃった!オンライン英会話のネイティブキャンプ(Native Camp.)

マンツーマンでの英会話は、ほんとに子どもの英会話力をメキメキ上げてくれます。

 

月額4,950円で回数無制限のネイティブキャンプ(Native Camp.)

本当に日本の英会話を変えてしまうのではないかと思うくらい、サクサクと英会話のレッスンを受けることができます。

キッズコースも、とてもおすすめです!

 

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで子どもが小学生3年生になり、英語以外の家庭学習についても今、楽しく学べる家庭学習を試行錯誤しています。そこで実際に使って良かった①基礎学力を固める教材・学校の勉強にも役立つ教材②中学高校での英語と算数にも役立つ教材③考える力を育む教材の3つについて書いていきたいと思います。また子育てについての本で良かったもの。小学生が訪ねたい科学館・歴史施設、プログラミング学習の最新情報なども書いていきたいと思います。