小学生の英語学習

子どもが漢字と英語を好きになるヒント

 

おうち英語.com 管理人の みやび です。

 

今回は「子どもが漢字と英語が好きになるヒント」というテーマで少し書いてみたいと思います。

 

子どもが何かを好きになる時の例のひとつに、子どもはママの好きな事や、家族の好きな事を、スッと受け入れて、子ども自身もその事が好きになってしまう。という特性があると思います。

 

突然ですが、この一年ほどで、私がそのような体験を、娘との時間の中で経験したことがありました。

 

それは、私の趣味が、娘にスーっと移ったことです。

 

その私の趣味は何かと言うと、歴史オタク…ほどではありませんが、私は歴史が好きです。

 

特に日本の歴史の「戦国時代」とか「幕末」のテレビや映画、そして本などを見ると、私はワクワクしてしまいます♡

 

そしてそんな私に子どもが生まれて、つい、子どもの頃に熱中していた、歴史の学習まんがシリーズを読みたくなって、私用に購入して、自宅のリビングに数冊、歴史の学習まんがシリーズを置いていたのです。

 

そしてその頃は、まだ娘は幼稚園の年中か年長の始めの頃で、私は、まだぜんぜん、歴史は娘には分からないよね。と思っていました。

 

でも、私がその歴史の学習まんがを夜に読んでいたり、NHKの大河ドラマの「真田丸」や同じくEテレ番組の「知恵泉(先人たちの底力)」や「英雄の選択」という歴史番組を、毎週、娘と同じ部屋で見続けていると…

 

今は娘の方から「今日は歴史のテレビは見ないの?」と聞いてきたり、大河ドラマの「真田丸」が大好きになったり、織田信長や明智光秀、徳川家康、豊臣秀吉、伊達政宗…等々の武将を覚えて、「利休にたずねよ」という千利休を描いた市川海老蔵さんの歴史映画を、自宅で私と楽しくみるという状態になってしまいました。

 

娘がそうなった理由は、ただ私が歴史が好きで、自宅で歴史まんがを読んで、歴史のテレビを見ていただけなのに、あれよあれよという間に子どもも歴史好きになっていきました…。

img_4400

(↑こちらは京都文化博物館で2/25から開催される「戦国時代展」です)

 

そして、日本の歴史といえば、たとえそれが、子ども向けの学習まんがであっても、本の中は漢字だらけで、娘は、私の趣味から歴史好きになり、ついでに漢字も自然に覚えていくようになりました。

 

…ということは??

 

今後、私が「英語」を趣味のように楽しんでいると、娘も今以上に、英語を楽しむようになるのかなぁ!と最近は、私の、自分の方の英語を楽しむコトに力を入れてしまったりしています(^-^;

そんな訳で、これからも親子で英語を、できるだけ楽しんでいきたいと思います!

と、すっかり前置きが長くなりましたが、最後に昨日の英語です。

 

昨日の娘の英語

 

昨日の朝は、クリスマスのプレゼントがサンタさんから届き、朝から元気!だった娘は、朝の英語をちゃっと済ませていきました。

 

朝に娘が取り組んだのは、いつものように、「パルキッズ」のオンラインレッスンの音読と、「パルキッズ」のプリントを3枚。

 

そして「Little Fox」のレベル1の5話の音読。

 

そして朝食の時間やプリントをする時に、「パルキッズ」を含めた英語CDをかけ流ししました。

 

そして夕方まで、お友達とのクリスマス会を走り回って楽しんで帰ってきた娘は、夜の英語メニューはごく少なく、「Little Fox」の視聴15分と、「パルキッズ」を含むCDのかけ流しをしばらくして、昨日の娘の英語は終わりました。

 

昨日の母の英語

 

昨日は1日出かける予定だったので、私も朝に「Little Fox」の視聴をして、娘の横で「パルキッズ」のオンラインレッスンを見て、朝に英語になるべく触れるようにしました。

 

夜に帰ってきた後は、

◯タッチペン式の英語絵辞典で英単語を覚える

◯「音読・筆写」をノート1ページする

◯英語で学ぶ「英文法」のテキストを4ページする

の以上を夜に行いました。

 

私の英語の方は、もう少しやり方を変えた方がいいかな…と、今は思案中です。

 

できればもっと「音読・筆写」を取り入れて、英語の基礎力があがる仕組みを、もっと取り入れたいと思っています。

 

私の英語もまだまだ、試行錯誤中です。

 

今日もここまでお読みいただき、ありがとうございます。

 

↓ランキングにちょこと参加しています。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで英語以外についても今、楽しく学べる小学生の家庭学習を試行錯誤しています。