スタディサプリEnglish《日常英会話コース》

小学生の英語に効果的な教え方とは?自宅でぐんぐん伸びる英語力

 

おうち英語.com 管理人の みやび です。

 

今回は、英語苦手ママでもできる、自宅で子どもの英語力を伸ばす方法、自宅で子どもに英語を教える、その教え方について、実際にわが家で、娘とのおうち英語で効果があった方法について、書いてみたいと思います。

 

子どもに英語が身につく勉強方法は、実は身近にある?

 

img_4255

 

突然ですが、今は、街を少し歩けば、小学生や幼児の、英会話教室や英語の学習塾、また場所によっては、小さなインターナショナルスクールがあるところもあると思います。

 

今はそんな、小学生や幼児の英語の学校が、いろいろありますが、そういった英語の学校に行きながら、または行く前に、実はもっと身近に、子どもの英語の基礎を作る環境があります。

 

それはやはり、自宅です。

 

自宅で、コツコツと子どもが英語に毎日触れていくこと。

 

これをするだけで、子どもはびっくりするくらいのスピードで、「英語の感覚」を吸収していきます。

 

この「英語の感覚(英語を英語のまま、理解する感覚)」を子どもが自宅で習得することは、実は、それほど難しいことではありません。(私のように、英語が苦手なママにも、それはできます。)

 

そして、自宅でも簡単に身につけることができる「英語の感覚」が、子どもの中で育つと、それは今後、子どもが成長して、英語学習を続けていく時に、とても大きな恵みを子どもに与えてくれると思います。

 

どうしてそう思うかというと、中学生や高校生、また大人が英語学習を行う場合、この英語を英語のまま理解する「英語の感覚」を身につけることに、とても苦労するからです。

 

そんな苦労を子どもにさせないためには、小さい頃から、または小学生のうちから、毎日コツコツと、無理なく自宅で英語に触れることが大切です。

 

そして、この英語を英語のまま理解する「英語の感覚」は、子どもにとっては、親がびっくりするくらい、その習得は得意技です。

 

そして、幼児や小学生の間に、この英語を英語のまま理解する「英語の感覚」を子どもが身につけていれば、例えば中学生になって、「英語」というだけで、後ずさりして逃げちゃいたい!くらいの苦手意識を、子どもが英語に持つことはなくなると思います。

 

そして逆に子どもが、この「英語の感覚」を身につけていくことで、子どもの中学生からの本格的な英語の学びが、とても楽しいものになると思います。

 

そして自宅で、小学生や幼児が、この「英語の感覚」を身につける方法は、そんなに難しいことではありません。

 

それはどちらかというと、小学生や幼児のお母さん達には、とても身近な方法…それは日本語の「国語」と同じような形で、自宅で、楽しく、子どもが英語を身につけていくことができます。

 

それでは具体的に、どのような事を自宅でするかと言うと…

 

英語の文法も自然に身についていく☆小学生の国語と同じ方法で英語を学ぶ

 

子どもが「日本語の国語と同じ方法で、英語を学ぶ」とはどんな方法かというと…

 

例えば、小学生になると、学校から日本語の、ひらがなやカタカナ、漢字を、自宅で書いたり、国語の教科書を読んだりする「音読」の宿題が出ると思います。

 

これを同じように、英語でもしていきます。

 

具体的にはどうするかというと、小学生が、日本語のひらがなや漢字を覚えるように、英語も自宅で、最初にABCを覚え、タッチペン式の英語絵辞典で、英単語を覚えていきます。

 

そして、加えて子どもは、自宅に帰ると、日本語のテレビを見たり、日本語の本や、絵本を読むと思います。

 

これらも同じように、英語で、無料のアプリ(ストーリー動画が見れるアプリ)等を使い、英語で動画を見ていきます。

 

そして英語の単語を覚えた後は、ごく簡単な英語の絵本から、英語を読んでいきます。

 

そして上記を日々、継続していきます。

 

そして毎日コツコツ、小学生の国語の宿題をするように、英単語や短い英文をノートに書き写して覚えます。

 

そしてまた、小学生の国語の宿題をするように、子どもが読める簡単な英語絵本を、音読します。

 

そして自宅で、日本語のテレビを見るように、子どもが楽しめる英語の動画を、毎日コツコツ子どもが見ます。

 

これらを毎日続けることで、子どもは大人が驚くほどのスピードで、「英語の感覚」を身につけていきます。

 

そして、おうちで家族で日本語でおしゃべりするように、英語で話す…ことが難しい場合は、初めは簡単な英語のストーリーを、自宅でかけ流しして、英語を聴きます。

 

この自宅での英語のかけ流しは、とても大切です。

 

できれば毎日、2時間、3時間を超えるくらいの時間、子どもがすでに見た英語の動画のストーリーの音声や、英語の歌、英語の会話をかけ流しします。

 

そして上記をコツコツと、3ヶ月、半年、1年と、自宅で継続します。

 

すると子どもに、英語を英語のまま理解できる「英語の感覚」が身についてきます。

 

そしてこの「英語の感覚」が身についてから、例えば、小学生が、学校で国語の授業を受けるように、自宅外の、英語の学習塾や公文式などを利用して、先生や専門の教材から英語の文法を学ぶ。

 

また、英語の会話の練習をするために、英会話教室に行ったり、オンライン英会話したりして、子どもが実際に英語を話す練習をする。

 

それをコツコツ、コツコツまた継続していく…

 

この形だと、例えば、週に1回英語教室を利用するとしても、より英語を密度濃く、子どもが学んでいけると思います。

 

そして自宅でする国語の宿題方式のこの方法は、英語が話せない、英語が苦手なママでも、自宅で子どもをサポートしていくことができます。

 

子どもが、

①タッチペン式の英語絵辞典で、英単語を覚える

②やさしい英語絵本を読む(音読する)

③子どもが分かる、やさしい英語の動画を子どもと一緒に見て、その動画の英語音声をかけ流しする

 

この方法を続けていると、子どもの英語力が、親の目に見える形になってきます。(例えば、英語絵本が読めるようになる。子どもの口から英語が出てくる。等)

 

そうなると、ママにとっても嬉しく、子どもの英語のサポートがとても楽しいものになります。

 

子どもが自宅で英語に楽しく触れ始めると、もしかしたら、どんどん、ママの方が、子どもの英語のサポートに、はまってしまうかもしれません。

 

この方法は、英語が話せない、英語が苦手なママにも、子どもをサポートすることができます。

 

初めはもしかしたら、なかなか思うようにいかなかったり、目に見える形で子どもの英語力が現れなかったりするかもしれませんが、諦めずに継続していくと、1年後には、驚くほどに、子どもの英語力が育っていると思います。

 

まとめ

 

①タッチペン式の英語絵辞典で、英単語を覚える。

②英語の絵本などを音読する。

③好きな英語の動画を見る。理解したその英語の音声を、かけ流しする。

自宅で、上記の①〜③を継続する…

 

これらは実は、子どもにとっても、大人にとっても、英語の基礎力をつけていく方法です。

 

ある、難関国立大学の受験生を指導する先生が、その著書にこう書かれていました。

 

英語の基礎力をつける方法は以下の3つ

①英語の語彙と表現を習得する

②英語の文法と構文を習得する

③やさしい英文をどんどん音読して、英語を英語として理解できるようにする

上記の①から③を、毎日、毎日継続すること。

 

これらを毎日続けることで、しっかりした英語の基礎力がつくそうです。

 

この①から③は、上記の子どもの国語の宿題方式の、自宅での英語学習と、内容がよく似ていると思います。

 

これらを、子どもが幼児や小学生からできるようになれば、どれほどの英語の基礎力が、高校生までにつくでしょうか…

 

それができるようになれば、例え今、バイリンガルのようにペラペラに話せなくても、英語の習得に何より必要な、継続して英語を学習していく力を、子どもに身につけることができます。

 

英語は継続することがなにより大切だと言われます。

 

子どもに、英語を継続して学習する習慣を身につけることは、子どもが将来にわたり、英語を使いこなしていく力になると思います。

 

☆今日のおうち英語☆

英語を毎日、継続して学ぶ習慣を身につけよう

 

↓よろしければこちらもご覧ください

小学生も《中学生英語》を先取り!スタディサプリEnglish☆英会話が初歩から学べる! 2020年から変わる英語教育! 自宅での英語学習に役立つ 英語教材が気になりますね!...

 

 

 

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで子どもが小学生3年生になり、英語以外の家庭学習についても今、楽しく学べる家庭学習を試行錯誤しています。そこで実際に使って良かった①基礎学力を固める教材・学校の勉強にも役立つ教材②中学高校での英語と算数にも役立つ教材③考える力を育む教材の3つについて書いていきたいと思います。また子育てについての本で良かったもの。小学生が訪ねたい科学館・歴史施設、プログラミング学習の最新情報なども書いていきたいと思います。