スタディサプリEnglish《日常英会話コース》

小学生の「英語脳」をぐんぐん育てる☆自宅学習教材ランキング

 

2020年には、小学生にも、英語教育が本格化しますね!

 

けれども、実際のママ達の間で、子どもの英語教育が順調に進んでいる!と言うママの声は、まだまだ少数派のように思います。

 

以前は私も、子どもの英語教育に悩むママの1人でした。

 

以前の娘は、英語がさっぱり分からない…という娘でした。

 

ですが、今は、英語が娘の生活の一部になり、時々短いセンテンスですが、自分から英語を話したり、英語の英文を読んだりできるようになりました。

 

そんな娘の変化に、正直、私自身、驚いています。

 

今まで試行錯誤してきましたが、毎日、子どもが英語に触れると、子どもは驚くほど急速に、英語を吸収していきます。

 

そして振り返って思うことは、例え英語が苦手なママでも、子どもが英語を、自宅学習していくことは可能です。

 

それは難しいことではありません。

 

子どもに適切な英語学習教材を選び、コツコツと、自宅で、子どもが、その英語学習を進めていくことを少し手助けすること。

 

それが本当に大切です☆

 

…と、前置きがとても長くなりましたが、今回は、実際にわが家で使って、本当に効果があった教材。

 

「英語脳」を作る子どもの英語教材について、今回は書いてみたいと思います。

 

子どもの「英語脳」を作るポイントは英語を英語で学ぶこと

 

子どもの英語教材については、本当に様々な情報がたくさんあります。

 

いろいろな英語教材の、口コミのランキングに迷ったり、新しく出た教材にとても魅了されたりもすると思います。

 

おそらく今後も、子どもの英語教材は、たくさん出てくると思いますが、その選び方のポイントで何より大切なのは、

 

子どもが小さな間は「英語を英語で学ぶ」教材を選ぶことです。

 

子どもが言語を、母国語のように習得できる年齢…子どもに「英語脳」が育つ年齢は、8歳、10歳、12歳まで、とも言われています。

 

ですが、実際に発売されている小学生向けの英語教材で、「英語を英語で学ぶ」自宅学習教材は少ないように思います。

 

私が探してみた情報の中では、まだ、日本語を補助にして英語を学ぶ、小学生向けの英語学習教材の方が多いです。

 

でも子どもが小学生の間、英語を英語で学ぶ教材に、子どもが毎日触れ続ける効果は、とても大きいです。

 

では具体的に、「英語を英語で学ぶ」小学生向けの英語教材は、どんな教材があるでしょうか。

 

英語を英語で学ぶ!毎日のオンラインレッスンが効果的な小学生向けの英語学習教材

 

img_4326

 

小学生向けの、英語を英語で学ぶ学習教材のひとつめは、「パルキッズ」です。

 

この「パルキッズ」は、小学生向けの英語教材もあり、英語を英語で学ぶ学習教材になっています。

 

こちらの「パルキッズ」には、未就学向けの「プリスクーラ」と「キンダー」もありますが、この「プリスクーラ」と「キンダー」も、小学生向けの英語学習教材として、充分に使える内容です。

 

そして、この「パルキッズ」の「プリスクーラ」と「キンダー」、英語絵本を教材にした「アイキャンリード」「アイラブリード」の4つは、9歳までの自宅英語学習教材となっています。

 

これを小学生向けの英語学習教材として、自宅で英語を英語で学ぶことができます。

 

また9歳以上の小学生には、「パルキッズジュニア」というオンラインレッスンがあります。

 

こちらも、英語を英語で学ぶ学習教材になっていて、タブレット等で、毎日15分の英語学習ができる教材です。

 

この「パルキッズ」に対する率直な私の感想は、2通りあって、最初に、その良い点は、私のような英語の苦手なママにも、子どもにしっかりした英語力を、自宅で子どもが身につけることができる、効果的な英語教材だと思います。

 

「パルキッズ」の内容は、毎日、タブレットで英語の動画を見たり、英単語や英文に触れる、オンラインレッスンがあります。

 

そしてそのオンラインレッスン以外は、そのオンラインレッスンの内容のCDを、かけ流すのみです。

 

それを続けると、その効果のほんの一部の紹介になりますが、

 

こんなパルキッズのプリントを、幼稚園の年長の時に娘が1人で、できるようになりました。

 

img_4324

 

この他には、英文が暗唱できるようになったり、英単語を覚えたり、英語の歌を子どもが歌ったり…

 

本当に、「パルキッズ」はおすすめです。

 

ですが、その一方で思う正直な気持ちは、子どもの英語量のインプット量としては、私は「パルキッズ」のみの英語学習では、その量が少ないと思うのも正直なところです…

 

おそらく「パルキッズ」の推奨する英語学習のインプット量のみでは、目に見える形まで子どもの英語力が伸びるまでに、だいぶ時間がかかるのではないか?と思います。

 

またお値段も、一括で購入するのでお値段は数万円…と、気軽には購入できません。

 

そこで「英語を英語で学ぶ」もっとお手頃な値段の英語教材が「Little Fox」です↓

 

楽しく英語アニメの英語学習教材「Little Fox」☆絵本印刷も可能

 

この英語学習「Little Fox」は、スマホのアプリで英語のアニメが簡単に楽しめます。

 

そして「Little Fox」のアニメのストーリーは、英語学習教材として作られているので、その質も高く、英語学習にピッタリです。

 

また子どもの英語は、大人の英語と違い、楽しくないと、なかなかその継続は難しいです。

 

ですが、この「Little Fox」には、丸ごと、子どもの身体に染み込ませたい大量の英文が、楽しいストーリー動画になっていてます。

 

この「Little Fox」は、本当に楽しいストーリーがいっぱいで、短いストーリーですが、今は300以上の英語のストーリーがあります!

 

そしてそのストーリー展開は楽しく、私の子どもも大好きです☆

 

わが家では、この「Little Fox」を、朝に、夕方に、そして夜の眠る前にも、かけ流しをしています。

 

そのかけ流しはスマホのアプリでしています!

 

スマホのアプリで学ぶ英語は、何よりすぐに画面を開けることができます。

 

だから、英語に子どもがすぐに触れることができるんですね!

 

スマホのアプリで楽しく学ぶからら

英語学習を続けることができ、

自宅でも英語力もついていく。

 

その続けやすさからいうと、スマホのアプリで学ぶ英語教材はとても役立ちます!

 

そして小学生の高学年にもなると、中学生から始まる英語学習が気になりますね。

 

最後にご紹介するのは、小学生高学年から中学生以降になりますが、学校の英語学習に、とても人気があり、また、内容もとても良くできている「スタディサプリEnglish」についてです☆

 

スタディサプリEnglish《日常英会話コース》は「英会話」と【英検】に強いレッスン内容☆

 

このスタディサプリEnglish《日常英会話コース》は英語学習アプリのダウンロードでNO.1の人気の英語アプリです。

 

運営しているのはリクルートです。

 

そして運営会社が大手企業のためか、お値段も月額980円とリーズナブルです。

 

そしてこのスタディサプリEnglish《日常英会話コース》は、【英検】の理事がカリキュラムを作っています。

 

その内容も【英検】と「英会話」、〈リスニング〉に、充実した内容になっています☆

 

またこのスタディサプリEnglish《日常英会話コース》もスマホのアプリで学習ができます!

 

英語学習には楽に手軽に学習を続けて、できることも、続ける大切なポイントですね☆

 

小学生も《中学生英語》を先取り!スタディサプリEnglish☆英会話が初歩から学べる! 2020年から変わる英語教育! 自宅での英語学習に役立つ 英語教材が気になりますね!...

 

まとめ

 

小学生に自宅でおすすめの英語教材は

①「パルキッズ」

②「Little Fox」

③「スタディサプリEnglish」

 

自宅で英語を学ぶことはほんとうに大切です。

コツコツと英語を、

自宅で子どもに積み重ねると、

「英語脳」は育ちます☆

そんな自宅で学ぶ英語教材を選ぶコツは、

続けやすく、質も良く、

量も多い英語教材を選ぶこと。

 

そしてその英語教材を子どもが楽しめること!

 

そうすれば、

子どもの英語力はぐんぐん伸びます!

 

小学生も《中学生英語》を先取り!スタディサプリEnglish☆英会話が初歩から学べる! 2020年から変わる英語教育! 自宅での英語学習に役立つ 英語教材が気になりますね!...

 

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで子どもが小学生3年生になり、英語以外の家庭学習についても今、楽しく学べる家庭学習を試行錯誤しています。そこで実際に使って良かった①基礎学力を固める教材・学校の勉強にも役立つ教材②中学高校での英語と算数にも役立つ教材③考える力を育む教材の3つについて書いていきたいと思います。また子育てについての本で良かったもの。小学生が訪ねたい科学館・歴史施設、プログラミング学習の最新情報なども書いていきたいと思います。