早期英語教育

早期英語教育の情報収集に、朝日新聞デジタル

おうち英語.com   管理人の   みやびです。

幼少期から早期英語教育を始めると、色んな面で英語教育のことが知りたくなりますね。

そんな時に、英語教育の情報の収集に役立つサイトに「朝日新聞デジタル」があります。

今回はその朝日新聞デジタルに、多くの方が気になると思われる、現在の大学入試英語の新たな動きに関する情報がありましたので、まとめてみたいと思います。

早期英語教育で気になる?新たな大学入試英語の試験とは?

PAK153130339_TP_V

2016年2月29日の朝日新聞デジタル「 新時代切り開く力とは  朝日未来教育フォーラム   」

この日、大学入試改革などをテーマに、文部化科学省の幹部や大学のトップ、高等教育の専門家の方々が、今後の大学入試のあり方について、講演やパネルディスカッションをされました。英語については、4技能をみるという方向で議論が進んでいるそうです。

その中で、英検を主催する日本英語検定協会と、上智大学が、近年開発した新しい英語の資格試験である「TEAP」について触れられていました。

このTEAPは今年度の大学入試において、全国21大学が、英語の入試科目として採用したとのことです。

TEAPを大学入試に採用した大学(2016.5.20現在)

上智大学・立教大学・中央大学・青山学院大学・獨協大学・神田外国語大学・東京理科大学・武蔵野大学・筑波大学・明治大学・早稲田大学・学習院大学・明治学院大学・関東学院大学・聖路加国際大学・東洋大学・法政大学・駒澤大学…(一部抜粋)

大学によって、全学部の一般入試に採用したり、推薦入試のみに採用するなど、導入方法は異なります。

しかし関東の名だたる大学が、入学試験にTEAPを採用するということは、今後、他の大学も後に続く可能性もあるかもしれませんね。

それではこのTEAPという試験とは、どのようなものでしょうか?

早期英語教育でめざしたい?TEAP試験の内容とは?

早期英語教育の目指す、親の方向性のひとつとなるかもしれないTEAPとはどのようなものでしょうか?

日本英語検定協会のHPから簡単にまとめてみたいと思います。

TEAPは高校3年生を対象とし、大学入試を想定した試験。

英検のレベルとしては準2級から準1級程度。

「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を測る。

出題分野は、大学教育で遭遇する語彙・場面・分野を想定したアカデミックな分野に特化したもの。

受験は年に複数回、受けることが可能。

このTEAPには、さらに、「話す」「書く」を実践的にしたTEAP  CBTも開発されたそうです。

日本英語検定協会 TEAP

まとめ

✳︎新たに設けられた大学入試向けの試験は、英語の「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を測定するもの。

早期英語教育の目標の一つとして、上記の4技能は避けては通れないようです。

娘が成長した頃に求められる大学入試の英語は、ますます、バランスよく習得された、深いレベルの英語になるのでしょうか…。

今は、目の前の幼い子どもの発話を求めすぎることなく、上質な英語のインプットの継続と、それから求められるアウトプットへの移行を目標に、焦ることなくゆっくりと、娘の英語力をつけていきたいと思います。

それにしても「朝日新聞デジタル」、今の英語教育の情報収集に役立ちます!

朝日新聞デジタル 英語教育

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで英語以外についても今、楽しく学べる小学生の家庭学習を試行錯誤しています。