早期英語教育

早期英語教育中に、もし子供が英語嫌いになってしまったら?

おうち英語.com  管理人の  みやびです。

早期英語教育を始めてみたものの、子供が英語の動画をみるのを嫌がるなど、困ってしまうことはないでしょうか?

いわゆる、子どもの英語嫌い!

せっかくの教材が〜(涙)面白そうだと思って買ったのに〜(涙)…親が英語のDVDを見せようと努力しても、子どもは英語嫌い…

教材を購入した当初は、めずらしさも手伝って、英語のDVDを喜んで見るけれど、しばらくすると、「英語がわかんない!」「英語嫌い!」「英語嫌い!」「英語嫌い!」…「つまんない!」

以前のわが家も、まさにその通りでした。

でもその状態を乗り越え、5歳の娘は今、英語のDVDを見ることを楽しみ、英語のオンラインレッスンを楽しみ、英語の音読も自発的にするようになりました。

どうやって、娘は英語嫌いを乗り越えたのか?

私が思ったのは、英語の教材を使い始める時に、ちょっとしたポイントがあるということでした。

今回は私から見た、そのポイントをまとめてみたいと思います。

☆早期英語教育中に、子どもが英語嫌いになる理由とは?

YUKI_nensyuhikusugi15112924_TP_V

まず最初に、早期英語教育中に子どもが英語嫌いになる理由…。

それはズバリ、英語が分からないから。

分からないものを無理に見せられるのが嫌だ!だからちっとも楽しくない!

というのが、3歳、4歳頃の、英語が嫌いだった頃の娘の様子でした。

そして私は、娘が5歳半になった時に再度、早期英語教育を始める前に、かなりの英語教育の本を読みあさりました。

そして試行錯誤をしてついに娘が、英語嫌いから英語好きになり、その様子をそばで見ていて思ったのは、早期英語教育で言われているある言葉は、少し誤解があるのではないか?と思いました。

それは「小さい子どもは英語に触れたら(何もしなくても)自然に英語を習得する。」という言葉です。

(それが信じられているから親が英語ができなくても「英語教材のDVDやCDを掛け流しすれば、あなたのお子さんは英語をみるみる習得します!」という高いセット教材が売れてしまうのですね…あ、かつての私のことです…)

この「小さい子どもは英語に触れたら(何もしなくても)自然に英語を習得していく」というこの言葉は、あってはいるけど、でも、英語のできない私のような保護者には、ひと工夫が必要だ…。というのが私の正直な感想です。

ではどういう工夫をしてみたのかというと…

☆早期英語教育中に英語嫌いになってしまった子どもを英語好きにするには?その具体的な3つの方法

①まず英単語を、子どもができるだけ多く覚えるようにする。

②最初は易しすぎるくらいの教材から始める。

③スタート時は①と②を大切に、まずは子どもが「英語が分かる!」という体験を積み重ねる。

という3つの点を、スタート時にとても大切にしました。

最初に、①の「まず英単語をできるだけ多く覚える」ですが、この英単語をできるだけ覚えることができると、子どもは英語の動画を見ても意味がわかるし、絵本も読んだら意味がわかります。

そうなると子どもは、英語のDVDや、英語の絵本が面白くなります。

✳︎英単語を覚えるには、タッチペンで英単語を覚えることが、子どもには遊び感覚で覚えられてよかったです。

次に②の「最初は易しすぎるくらいの教材から始める」は、例えば、英語絵本のとても簡単な絵本で、I  like  to  swim という、白クマが海で泳いでいる絵本のページがあるとします。

すると子どもは、上記の①で、I(私)とlike(好き)とswim(泳ぐ)という英単語を知っていると、子どもは、この白クマは海で泳ぐことが好きなのだなと、理解することができます。他のページの単語も知っていれば、他のページも読むことができます。

つまり、英語で絵本が読める!(=子どもも嬉しい!ママも喜ぶ!)ということになります。

そして上記により、子どもは③の「私、英語が分かるんだ!」という体験をすることができます。

こういった、子どもが日々、「私、英語が分かるんだ!」という体験が続くと、特に5歳の子どもは嬉しいようで、どんどん英語をやりたい!という気持ちが芽生えてきます。

そこでちょうどよい英語教材を選んで、子どもに勧めてみると、英語やりたい!と子どもが楽しんで、教材に取り組むようになります。

(上記の①から③までは、考えたらとっても単純なことなのですが、1番初めに英語のセット教材を購入してしまうと、その教材の使い方ばかりが気になって、上記の①から③を飛び越えて、教材を使おうとしてしまいます。すると、教材の使い方に子どもを合わせてしまって、肝心の子どもは、英語のDVDが、何を言ってるのか分からない…英語が分からない…英語が嫌い!になってしまうのかなと思います。)

☆まとめ:早期英語教育で子どもが英語嫌いにならないために

子どもが「英語が分かる!」という体験ができるように、工夫することが大切です。

最初に英単語を覚えて、英語の動画や絵本を子どもが楽しめるようにしましょう。

スタートの教材は、易しすぎるかな?と思うくらい易しいものを用意しましましょう。

子どもは「英語が分かる!」という体験を積み重ねると、英語が好きになり、英語に触れることを楽しむようになります。

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで英語以外についても今、楽しく学べる小学生の家庭学習を試行錯誤しています。