毎日小学生英語検定

新しくできた『毎日小学生英語検定』で「英語ができた!」を体験しよう

 

おうち英語.com 管理人の みやび です。

 

今回は、数年前に新しくできた、小学生専門の英語検定、『毎日小学生英語検定』について書いてみたいと思います。

 

最近は、小さなお子さんでも、英検Jr.や英検を受けることが増えてきました。

 

英検Jr.は子ども向けに作られていますが、英検は、中学生や高校生も受ける内容になっているので、小学生には難しく感じる時もあるかもしれません。

 

そんな時に、近年新しく、小学生専門の英語検定試験『毎日小学生英語検定』ができました。

 

この試験は、小学生に身近な単語やストーリーを使った、子どもにも分かりやすい検定試験になっています。

 

子どもの英語や小学生の英語は、子どもの「できた!」を積み重ねることが、とても大切…

 

その点からも、小学生専門の英語検定『毎日小学生英語検定』の、スモールステップ方式(1級〜6級)は、子どもの「英語ができた!」につながる魅力的な英語検定だと思います。

 

今回は、その『毎日小学生英語検定』について書いてみたいと思います。

 

『毎日小学生英語検定』は新聞社と子ども英会話教室がコラボして開発されました

 

img_4279

 

この『毎日小学生英語検定』は、「毎日新聞社」と「こども英会話のミネルヴァ」が、共同で開発した小学生専門の英語検定です。

 

その『毎日小学生英語検定』の特徴は、主に小学校を対象とした、英語基礎力を測る試験で、試験のレベルは、1級から6級までの6段階に分かれています。

 

その検定試験の内容は、英語を習い始めて間もない子どもたちや、試験経験のない子どもたちでも、無理なく受験できる点が特徴です。

 

この『毎日小学生英語検定』は、

6級・5級は「聞く力」

4級・3級は「聞く力」「読む力」

2級・1級は「聞く力」「読む力」「書く力」「話す力」

が、試験対象となります。

 

またこの『毎日小学生英語検定』は(HPより)

 

① 基礎を大切にし、コミュニケーションの基盤であるリスニング力を中心に測定・評価します。

 

② 身近な題材で「基本的な単語や表現」をテスト問題に採用しています。

 

③ 解答方法は選択式で、さまざまな英語環境で学ぶこどもたちにも対応しています。

 

④ 6級から3級は合否のない「チャレンジ型」で、正答率によって次のレベルへの指針を示し、2級と1級では合否判定を行い、合格者には合格証を発行します。

 

⑤ 評価は「絶対評価」で、こどもたちの英語力を客観的に測定します。

 

という内容になっています。

 

『毎日小学生英語検定』を子どもが受けるレベルの目安について

 

英語を学び始める、小さな子どもや小学生には、英語の「できた!」を、子どもが積み重ねることがとても大切だと思います。

 

それには、子どもの英語力がどのくらいの時に、この『毎日小学生英語検定』の各級を受けたら良いのか、各級の試験内容をHPから、簡単にまとめてみました。

 

◎6級は「聞く 」から出題

身近な物の色や形体、語句、表現についてゆっくりと話された時に、必要な情報を聞き取ることができる。

問題数 20問 。時間配分20分。

 

◎5級は「聞く 」から出題

身近な物の色や形体、語句、表現についてゆっくりと話された時に聞いて理解できる。

問題数 30問 。時間配分30分。

 

◎4級は「聞く 」「読む」から出題

「聞く」→比較的ゆっくりと話された時に物の色や形体、日常生活や学校生活について話の内容を理解できる 。

「読む」→身近な単語がわかる。

問題数43問 。時間配分40分。

 

◎3級は「聞く 」「読む」から出題

「聞く」→比較的ゆっくりと話された時に物の色や形体、日常生活や学校生活について話の内容を理解できる 。

「読む」→身近な単語がわかる。

問題数50問 。時間配分45分。

 

◎2級は「聞く 」「読む」「書く」「話す」から出題

「聞く」→身近な物の色や形体、会話などある程度まとまった長さの話について、比較的細かい情報がわかる 。

「読む 」→身近な文章、会話文を理解できる

「書く 」→身近な語句を書き写すことができる

問題数55問。 時間配分50分。

「話す 」→身近な質問に答えることができる(好きなこと、時間など)

問題数15問。時間配分 6-7分。

 

◎1級は「聞く」「読む」「書く」「話す」から出題

「聞く 」→日本とかかわりの深い国についてなど、ある程度まとまった長さの話について、(色や形体などを含む)比較的細かい情報がわかる。

「読む 」→身近な文章、会話文を理解できる。

「書く 」→身近な語句を書くことができる。

問題数55問。時間配分50分。

「話す 」→身近な質問に答えることができる(将来の夢など)

問題数20問 。時間配分7-8分。

という試験内容になっています。

 

まとめ

 

間近にせまる、小学生の英語の必修化で、今、小学生の英語を学ぶ環境は、大きく変わりつつあると思います。

 

新しくできた『毎日小学生英語検定』

 

この英語検定は、6級はリスニングのみで、試験時間は20分と、小さな子どもや、英語を学び始めてすぐの小学生にも、とても受けやすい試験になっていると思います。

 

試験に合格できたら、子どももやはり、嬉しいと思います。

 

このような検定試験をうまく利用しながら、少しづつ、子どもに必要な英語力をつけることができたら、小学生高学年の英語必修化にも、上手に対応していけるのではないかと思います。

 

子どもの「英語ができた!」を積み重ねること

 

新しい検定試験も上手に利用できたらと思います。

 

☆今日のおうち英語☆

検定試験を上手に利用して、「英語ができた!」を積み重ねよう

 

↓過去記事になります。よろしければこちらもご覧ください

小学生からもおすすめです☆娘が毎日見たい!とせがむ英語教材

 

↓ご訪問頂いてありがとうございます!ちょこっとランキングに参加しています
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで子どもが小学生3年生になり、英語以外の家庭学習についても今、楽しく学べる家庭学習を試行錯誤しています。そこで実際に使って良かった①基礎学力を固める教材・学校の勉強にも役立つ教材②中学高校での英語と算数にも役立つ教材③考える力を育む教材の3つについて書いていきたいと思います。また子育てについての本で良かったもの。小学生が訪ねたい科学館・歴史施設、プログラミング学習の最新情報なども書いていきたいと思います。