英語で子育て

英語で子育て☆赤ちゃんのフレーズおててサイン☆乳幼児期の英語で楽しくお出かけいろいろ

おうち英語.com 管理人の みやびです。

 

今回は赤ちゃんとお出かけできる、英語あそびのいろいろについて、触れてみたいと思います。

 

先日書いた以下の記事のように、赤ちゃんの間は、日本語をまず何より大事にしながら、英語に関しては良質な英語のインプットを短時間、自宅で継続して行うことがよいと個人的には思います。

「もし今娘が赤ちゃんだったら、この教材からスタートします!

 

けれども時々赤ちゃんとお出かけして、楽しく英語あそびするのも、おうち英語も楽しくなり、子育ての息抜きにもなる、よい機会になるかなと思います。

 

今日はそんな、乳児の子育て時期に楽しくお出かけできて、赤ちゃんもママも楽しいおでかけで、英語に関するもの、赤ちゃんのフレーズ「英語でおててサイン」、「英語リトミック」、「英語体操」について触れてみたいと思います。

 

☆「英語で子育て!赤ちゃんのフレーズおててサイン」新しい子育てのコミュニケーション

image

この「英語で子育て!赤ちゃんのフレーズ!おててサイン」とは、『まだ話せない赤ちゃんと「おてて」を使って英語でコミュニケーションを取ろう!』という、新しい子育てのコミュニケーションのことです。

 

例えば、「おいしいね!」と伝えるときは、ほっぺを指でさしながら、「Yummy!」と話しかけます。

 

他にも赤ちゃんの「ミルクがのみたい!」とか「虫を見つけたよー!」など、まだ、言葉が話せない赤ちゃんが、ママとコミュニケーションを取るためのフレーズサインだそうです。

 

私も娘がまだ乳児の時に、日本語のベビーサインの講座に少しおじゃましたことがあるのですが、その英語版といったかんじでしょうか。

 

このようなベビーサインや、おててサインは、アメリカではポピュラーなものだそうで、まだフレーズが話せない赤ちゃんと、楽しくコミュニケーションできる、赤ちゃんにも楽しいサインになっているそうです。

 

わが家は日本語を確立した後の5歳半から、英語を再スタートさせているので、日本語を獲得していることが、英語を学ぶ上でとても役に立つことを実感しています。

 

なので、乳児期は、まず何よりたっぷり日本語に触れて、日本語で赤ちゃんに話しかけることがとても大事だと思っています。

 

そのうえで、時間を決めた英語のかけ流しをコツコツと毎日続けることがとても大切だと思っています。

 

けれどもお出かけして楽しく英語に触れる機会があることも、ママにとって子育て中の息抜きにもなりますし、英語で子育てを目指しているママとも会える、よい機会になるかなと思います。

 

☆「英語リトミック」赤ちゃんの音楽あそびに英語をプラス

 

また今ではよく知られている「リトミック」に関しても、「英語でリトミック」が取り入れられてきているようです。

 

「リトミック」とは、音楽教育の中に身体表現を取り入れることで、リズム感や集中力、反射力、想像力や創造力を伸ばしていこうとする音楽教育です。

 

こちらも、英語で行われるリトミックが最近増えてきています。

 

子育ては、特に第一子の乳児期は、ママにとって子育ての閉塞感がなかなか手ごわい相手なので、このような楽しい親子でのお出かけに、「英語でリトミック」もお勧め!です。

 

☆「英語体操」英語を聴きながら思いっきり体を動かそう!

 

次は「体操教室」と英語が一緒になった、Englishジムについて。

 

こちらも子ども専用に、既存の体操教室が、英語を使って体操を、特に小さな乳幼児期の子ども達に行うクラスが主流のようです。

 

私も以前に、一度体験で参加しましたが、小さな子ども達が、英語を話す体操の先生と一緒に、走ったり、障害物をよけたり、平均台を走ったり、先生の英語の掛け声で、とても楽しそうに運動をしていました。

 

特に元気な男の子には、このような形で英語に触れるのも楽しいかなと思います。

 

☆まとめ : いろんなお稽古と英語がミックスする時代になりました

 

「英語で子育て!赤ちゃんのフレーズおててサイン」・「英語でリトミック」・「英語で体操」等々。いろんな形で、子育てに英語を取り入れていく方法が、今後もっと増えていくかもしれませんね。

 

おうちで英語のインプットを続けながら、このようなお稽古に通うのも楽しいかもしれませんね。

 

こちらの記事もご覧ください☆

英語で子育て☆もし今娘が赤ちゃんだったら、この教材からスタートします!

 

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで英語以外についても今、楽しく学べる小学生の家庭学習を試行錯誤しています。