英語で子育て

英語で子育て☆英語リトミックに、英語が読めるようになる「フォニックス」をプラスしたクラスもあります☆

おうち英語.comの みやび です。

 

以前から人気になっている英語リトミック!

 

最近は、英語リトミックにプラスして、「フォニックス」を組み入れた、英語リトミックのレッスンも盛んだそうです。

 

この「フォニックス」を身につけると、英単語の読み方がわかり、英文を読むことができるようになると言われています。

 

この「フォニックス」は、今わが家でも受けている、オンライン英会話でも出てくる、英語を学ぶ子どもがぜひ、身につけたい英語のルールです。

 

今回は、その「フォニックス」とは何か?も含めて、赤ちゃんとのお出かけにも良い、「英語リトミック」について、書いてみたいと思います。

 

☆はじめに英語リトミックとは?

image

はじめに英語リトミックとは、0歳(6ヶ月くらい)から始められる、音楽に合わせて体を動かしながら、英語に親しむ楽しいプログラムです。

 

もともと赤ちゃんを持つママに人気だったリトミック

 

このリトミックは、音楽に親しむことで、音感やリズム感、集中力や表現力を、子ども達が身につけると言われています。

 

このリトミックの効果にプラスして、英語リトミックでは、音楽と共にABCのアルファベットや、英語で色や形などを歌って踊ったり、体全体、指先まで動かしながら、音楽と一緒に、英語に子どもが親しみます。

 

今は、この英語リトミックがいろんなところで開催されています。

 

この英語リトミック、中には赤ちゃんとママが4人づつ集まれば、先生がママの自宅や会場に出張しますよ〜という先生も、いらっしゃいます!

 

小さな赤ちゃん連れのママには、近くに来てくれる英語リトミックの先生はありがたいですね!

 

そしてそんな英語リトミックに最近は、英語の「フォニックス」をプラスした英語リトミックのレッスンも始まっているそうです。

 

この英語の「フォニックス」

 

わが家でもぜひこの「フォニックス」を、娘に習得してもらいたいと思っています。

 

それではその「フォニックス」とは何でしょうか?

 

☆世界の子ども達が学ぶ「フォニックス」とは?

 

この「フォニックス」は何かというと…

 

フォニックス(英: Phonics)とは、英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つである。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。

フォニックスでは例えば「発音 /k/ は c, k, ck のどれかで書かれる」のように、ある発音がどの文字群と結び付いているかを学び、それらの文字の発音を組み合わせて知らない単語の正しい発音を組み立てる方法を学ぶことができる。

Wikipedia

 

つまり「フォニックス」とは、英語を読むためのルールです。

 

英語における、文字(アルファベット)と発音のルール。例えば「a」を「ア」と読むなど。フォニックスを覚えると、知らない単語も読めるようになります。

 

わが家で娘が、これからトライしようとしている「フォニックス」のテキストはこちらのブルーのテキスト

image

現在受けているオンライン英会話のネイティブキャンプ(Native Camp.)にも、こちらのテキストを使った「フォニックス」のレッスンがあります。

 

ネイティブキャンプ(Native Camp.)の「フォニックス」のレッスンについても、またレポートしたいと思います。

 

☆まとめ : 英語リトミックにフォニックスをプラスしたレッスンは、小さな子どもにもおすすめです。

 

今はいろんな英語のお出かけがありますね。

 

おうちで英語で子育てをするだけではなく、楽しくお出かけもして、子どもと一緒に英語を楽しみたいですね。

 

楽しい英語のお出かけに、英語リトミックもおすすめです!

《参考》英語リトミック(NPO法人日本こども教育センター)

 

☆↓こちらの記事もご覧ください☆

英語で子育て☆赤ちゃんのおててサイン☆楽しい英語のお出かけいろいろ

 

 

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで英語以外についても今、楽しく学べる小学生の家庭学習を試行錯誤しています。