英語で子育て

英語で子育て☆もし今娘が赤ちゃんだったら、この教材からスタートします!

おうち英語.com 管理人の みやびです。

もし、今娘が、赤ちゃんだったら…

今だったら、赤ちゃんの娘に、初めはこの教材を使いたいな。という教材があります。

それらは実際に、わが家に取り寄せてみて、良さを実感した教材で、しかも、日本でよく目にする高額なセット教材に比べて、はるかに安価な教材です。

けれども教材の質もとても良く、赤ちゃんへの英語で子育てのスタート教材としては、質的に十分なものだと思います。

今回はそんな、赤ちゃんへの教材について、書いてみたいと思います。

☆初めに:もし今、娘が赤ちゃんだったら、この教材でスタートします『Your Baby Can Read』安価なのにぎっしり詰まった教材たち

image

『ユアベイビー キャンリード(Your Baby Can Read!)』

最初に、この教材セットでのお値段は、2,000円から20,000円

(楽天・ヤフーオークションで値段の差があります。楽天やヤフーオークションで簡単に購入できます。)

このお値段なのに、セットに含まれている教材は、

学習用DVD5枚

めくる絵本5冊

スライドカード25枚

スライドブック

ミュージックCD

ワードカードやゲームカード

保護者向けの丁寧な使用ガイド

という、びっくりするほど充実した教材内容です。

もともとこの教材は、英語圏の赤ちゃんが、早期に英語の読みを習得・学習するための教材で、世界で100万部売れている教材だということです。

この教材のとても良い点は、DVD・英語絵本・スライドカードが連携して学習できるようになっているところです。

日本で作られている英語教材も、とても良いものですが、この教材も、赤ちゃんの教材としては、ほんとに十分良い内容です。

幼い子どもが、DVDの映像や英語絵本をみて、その内容が、子どもにもすぐに分かる作りになっています。

そしてこの教材は、何より英語圏の赤ちゃんが、早期に英語を「読める」ようになることを目的に作られています。

なので、教材の映像や絵本に、「英語の文字」がしっかり出てきます。

この教材は、映像(写真)・文字・発音の3つの連動が非常に良く、とても赤ちゃんの記憶に定着する教材の内容になっています。

またこうして英語の文字に繰り返し触れていると、次の段階の教材や、英語絵本の読み聞かせにスムーズにつながっていくと思います。

そして、この教材の全体像、総量は、

image

こんなに盛りだくさん!

とても丁寧な日本語の、使い方ブックもついています。

そしてお値段は、2,000円から20,000円(購入先によって値段が異なります)

このセットでこのお値段はお安いです!

これだけ安価だったら、赤ちゃんの様子を見ながら、次の教材も買えちゃいます。

☆赤ちゃんにも分かる!英単語の絵辞典

image

これは、セイペン(タッチペン)付きの、絵辞典です。

とてもキレイな写真で、写真絵と、英単語が載っています。

そしてこちら絵本の特徴は「セイペン」

ペンのスイッチを入れて写真にタッチするだけで、とてもクリアな発音で、その英単語を発音してくれます。

このような、タッチペン式の絵辞典で、遊びながら子どもが英単語を覚えると、子どもは本当にかなりよく、英単語を覚えていきます。

ただ、子どもは忘れるのも早いので、繰り返し繰り返し、タッチペンで、絵辞典をタッチしなければなりませんが…(汗)

そしてこのセイペンのお値段は、約17,000円

このセイペンに対応した絵辞典は、約3,500円

このセイペンは高額ですが、同じセイペンの中に、シリーズの中の96冊の英語絵本(CD付き)や、フォニックスも学べるシリーズの音声データも入っています。

赤ちゃんが成長して、英語絵本を選ぶときに、英語に関しては、このセイペンシリーズの英語絵本を選ぶというのも、良い方法だと思います。

☆英語子育ての教材は、赤ちゃん・子どもの様子を見ながら末広がりに増やしていく

赤ちゃんや幼い子どもの時は、上記の他に、おうちでの教材は、オークションや中古で販売されている、質は高いけど安価なものを使っていく方法も、とても有効だと思います。

高額だけれども、有名なセット教材は、工夫もこらされてるし、各教材が連動していて質が高い内容だと思います。

けれどもそのセット教材を、子どもが飽きずに使うかどうかに関しては、私の経験上、難しかったです…

例えば、今は娘は、英語がもう好きになっていますが、今の娘でも、ひとつのセット教材だけをやり続けるのは、正直難しいと思います。

なぜかというと、同じ内容では飽きてしまうから…

知っている英語が、アニメや絵本や、オンラインの教材など、様々に形を変えて出てくるから、英語が面白く見ていけるのだと思います。

そして今は、セット教材ではないけれど、良い教材がたくさんあります。

そしてそれらは、小さな単位で、いろいろ選択して、購入していけるところが、とてもメリットだと思います。

それはなぜかというと、お子さんによって、好むものが違うことがあるからです。

2歳・3歳から、映像に合わせて、踊ることがとても好きなお子さんもいるし、好きな歌はとてもよく覚えるお子さんもいます。

踊ることが好きなお子さんには、楽しく踊る英語の映像教材を使う。

すっごく運動が好きなお子さんには、すっごく運動する英語の映像教材を使う。

歌がとても好きなお子さんには、英語の歌の内容がすぐ分かるように作られた、歌の英語の教材を使う。

等々…お子さんの個性や好みに合わせて、教材を選んでいくと、子どもも面白いし、英語を分かろうとするから、どんどん英語に馴染んでいくと思います。

そして、広く繰り返し、いろんな英語の映像や言葉に触れていく。

そして2歳から3歳までに、英語を十分に蓄積させて、それからアウトプットに費用をかける。

例えば私のように、英語が話せないママであれば、子どもが赤ちゃんからもう少し、大きくなって、幼児になれば、個人の英語の先生に、マンツーマンで英会話をお願いするなど…

教材では難しく、ママでも難しい、どうしても自分にはできないこと「英会話」に関しては費用をかける。

安価な英会話の方法に、オンラインのマンツーマンの個別の英会話ありますが、幼児ではさすがに、オンラインの英会話は難しいと思うので、ここはしばらく費用がかかりますが、こどもの段階に合わせて、マンツーマンで英会話(子どもと一緒に英語で遊ぶ)をお願いする。

そして3歳から4歳頃に、柱にする、定評のある、数年間続ける教材を決める。(オンライン教材など)

そして5歳になったら、オンラインで英会話。柱にしている教材もそのまま続ける。その他にも、英語絵本や動画のDVD、YouTubeやアプリで、インプットも続ける。

6歳、7歳になったら教科型の英語教材を追加する。

なんだか末広がりに費用も増えていきますが…(涙)

ここまでいけば、おうち英語のゴールも見えてくるような気がします。

☆まとめ : 赤ちゃんの時は安価で質の良い教材を

英語子育ては、10年以上の長い長期に渡ります。

質の良い教材を選ぶことは、とても大切ですが、長く、無理なく続けることも、とても大切です。

赤ちゃんの時は、まずは、小さな単位での教材を選び、子どもに合わせて、徐々に追加していく方法もあります。

子どもの個性は、赤ちゃんの頃にはまだ分からないこともあります。

英語に関しても、子どもの個性に注目しながら、末広がりに、教材を選んでいく方法がおすすめです。

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで子どもが小学生3年生になり、英語以外の家庭学習についても今、楽しく学べる家庭学習を試行錯誤しています。そこで実際に使って良かった①基礎学力を固める教材・学校の勉強にも役立つ教材②中学高校での英語と算数にも役立つ教材③考える力を育む教材の3つについて書いていきたいと思います。また子育てについての本で良かったもの。小学生が訪ねたい科学館・歴史施設、プログラミング学習の最新情報なども書いていきたいと思います。