ブログ(おうち英語日記)

子どもの英語の多読について☆そのスタートに「仕掛け絵本」が良い感じです☆幼児が英語絵本を楽しく読むには日本語と変わらない方法が良いと分かった日

 

おうち英語.com 管理人の みやび です。

 

突然ですが、先日お出かけして外食した時に、夫婦二人ともがチーズが苦手で、「パスタからチーズを抜いてください」と、店員さんに伝えていた時に…

 

突然、娘が大きな声で言ったのは…

 

「No  cheese  in the  pasta!」でした。

 

……び、びっくりしました。私…

 

娘が、自発的に外で、普通の日本の環境の中で、娘が自分から英語らしき文を話したことが初めてで、少しびっくりしました。

 

10ヶ月前に、5歳の娘と英語が苦手な私が、自宅で、英語教材のみを使って始めた娘の英語学習が、少しづつ、英語の壁をこわして、娘の英語感覚も育てているようです。

 

娘の英語力はまだまだ、まだまだですが、これからもコツコツと、自宅で英語に取り組んでいこうと思いました。

 

それでは、ここのところ続いていますが、子どもの「英語の多読」の試みについて、今回は、昨日、娘が自発的に楽しく、英語絵本を読んだ方法について、書いてみたいと思います。

 

英語力をつける多読教材☆おすすめは「仕掛け絵本」☆日本語と変わらない絵本の使い方の中に、子どもの自発的な「読み」につなげるヒントがありました

 

昨日、私が読み聞かせしようと、図書館から借りてきた英語の絵本を見て、娘は「面白そう!」と良い感触でした。

 

img_4191

『WHO LIVES HERE?』Nicola Davies

 

そして、この絵本はしかけ絵本になっています

 

娘、今は6歳なのですが、絵本の仕掛けをめくって読むことがまだ好きなようで、めくった後の英文は、自発的に自分で、娘が英語で読むことを始めました。

 

子供用の絵本なので、めくったところの英文は、簡単で、同じパターンが繰り返し出てきて、子どもに読みやすい英文になっています。

 

このめくるパターンの英語絵本は、いろんな絵本が出ていると思うのですが、このめくるタイプの英語絵本を、子どもの自発的な「読み」の英語の本として活用するのは、とても良いと思いました。

 

今回、久しぶりに上記のめくるタイプの絵本を娘と読んで、そういえば、娘がもっと小さい頃に、日本語の絵本も、こんな風に一緒に読んだなぁ!と思い出しました。

 

そして昨日は、絵本を楽しく子どもが読み始める方法は、日本語も英語も、変わらない方法なのかもしれないなぁ…と思った日になりました。

 

ごくごく簡単な英語絵本の読み聞かせも、子どもの自発的な絵本の「読み」につながりました

 

そしてこちら↓も図書館で借りてきた英語絵本です。

img_4187

『TALL』JEZ  ALBOROUGH

 

この絵本はとても可愛い絵本なのですが、「small」と「tall」だけが出てくる、とても簡単な絵本です。

 

娘には簡単すぎるかなと思いましたが、娘は、最初からとてもノリノリで、「small」の時は小さな声で、「tall」の時は大きな声で、楽しく読んでくれて、びっくりしました。

 

やはり、和洋を問わず、絵本は子どもを惹きつけるんだなぁ!と、昨日はそう思いました。

 

昨日は、上記の英語絵本の他に、「パルキッズ」のオンラインレッスンとその音声のかけ流し。朝のプリント。DWEの「トークアロング」カード。DWEのDVDの視聴などをしました。

 

まとめ

 

英語絵本も、なかなか面白い絵本があり、子どもの英語学習に英語絵本を取り入れることは、とても良いなと、昨日は実感しました。

 

英語が読みやすく整っているレベル別の英語教材のリーダーも、とても良いですが、今回は英語絵本の良さもとても実感したので、英語教材のリーダーと英語絵本の両方を、うまく組み合わせて、今後も子どもの「英語の多読」の試みを継続していきたいと思います。

↓過去記事になります。こちらもよろしければご覧ください

子どもが「おうち英語」で英語力を伸ばしていくヒントを、東京の小学生の英語塾から探してみました
↓ご訪問頂いてありがとうございます!親子英語ランキングにちょこっと参加しています
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで英語以外についても今、楽しく学べる小学生の家庭学習を試行錯誤しています。