パルキッズ

朝の即席「英会話」が発生する

 

おうち英語.comの みやび です。

 

最近、娘の英語の発話が増してきました。

 

娘が自宅でいる時に、いろんな時に娘が、私に英語で話しかけるということが増えてきました。

 

娘のそんな様子をみていると、おそらく今までの1年という短い時間ですが、その時に娘が分かる英語にたっぷり、毎日、3時間を超える時間、娘が浸ってきたのが良かったのかな…と思います。

 

昨日の朝は、朝食時に、娘が「今から英語で話す時間にしよう!」と言って、パパと即席の英会話教室をしていました。

 

ほんとにそんな娘の最近の様子にびっくりします…。

 

思い返すと、この1年、娘が英語の動画を視聴したり、英語のDVDやCDをかけ流しするときに、娘が「内容を理解している英語」、または、その時の娘が「理解できる内容の英語」を、娘に見せる・聞かせるようにした事が、とても効果的だったのかなと思います。

 

これまでの1年間気をつけてきたのは、娘が、今、触れている英語を理解しているか?ということに、日々とても注意を払ってきました。

 

子どもが、今見ている英語の動画の内容を理解しているか?

子どもが今聞いている英語音声の内容を理解しているか?

 

…という視点で、子どもの英語を考える事はとても大切だと思います。

 

特に5歳で英語を始めてすぐの頃。また英語を始めてしばらくたっていても、娘が見る英語のDVDの内容を、娘がまだ十分に理解していないように見える時には、タッチペン式の英語絵辞典で、娘の分かる英単語が増えていくように、日々の英語に加えて使用したりしました。

 

この子どもが分かる英単語を増やすことも、とても大切なことだと思います。

 

わが家ではタッチペン式の英語絵辞典を使いましたが、今は子ども用の楽しんで覚える英単語アプリなどもありますし、CD付きの海外の絵辞典なども、大きな書店に行くといろいろあるので、子どもが好むものを探して、継続して繰り返し使うと、英単語が子どもに蓄積していくと思います。

 

そしてもう一点大切なことは、英語教材の使い方について、英語教材がセットになっているから、その教材の手順通りに進めていくのではなく、

 

教材を十分に子どもが理解していないような時は、子どもが理解できるところを繰り返したり、子どもが理解できるところまで戻ったり、ということも、とても大切だと思います。

 

そして、購入した(セット)教材を、その使い方通りに使っていくことは大切なことかもしれませんが、使い方も頭に入れつつ、目の前の子どもの理解の様子を見て、柔軟に教材を組み合わせるのも、自宅でする「おうち英語」の独特の良さだと思います。

 

私も、いくつかの教材を組み合わせて、娘がいろんな形で英語に触れることを大切にしてきました。

 

いくつかの英語教材を組み合わせて、耳から聞く、目で見る、口で音読する、文字を読む、文字を書く…。

 

英語の動画は今は無料で質の良いものもありますし、英語のCDが付属した英語の絵本等も、今はオークションなどもあるので、正規に購入しなくても、なるべく安価に購入して活用していく…。

 

そして、ひとつの教材にしばられず、今の子どもに合うものを選んでいく。そして、それを継続していく…

 

そんな積み重ねを続けることが、とても大切だと思います。

 

そして今、娘が楽しんで英語に触れている様子を見ると、5歳の時に、英語をあきらめないで良かった…と、ほんとに今はそう思います。

 

昨日の娘の英語

 

昨日の朝は英語のDVDのかけ流しからスタートしました。

 

その後は、朝食時から「パルキッズ」のCDのかけ流しをして、そして、昨日の朝は、また突然に、朝ご飯を食べている時に娘が、「今からは英語だけで話そう♡」と言い始め、朝の即席英会話時間となりました。

 

朝食後はいつもの「パルキッズ」のプリスクーラのオンラインレッスンと、プリントを娘は済ませて幼稚園に行きました。

 

幼稚園が終わった後は、一度帰宅して、「パルキッズ」のキンダーのオンラインレッスンを済ませ、娘は公園のお友達のところへダッシュしていました。

 

そして夜は「AGO」のカードゲームがしたい!と娘が言うので、昨日は、リバースとか色変更とかのカードは外して、本来の形で「AGO」をしました。

 

 

娘は今この「AGO」をとても気に入っていて、これからしばらくは、夜の親子タイムに「AGO」が活躍してくれそうです。

 

そして夜の眠る前には、今は習慣になりつつありますが、娘が自分で英語絵本を選んで、それを昨日はパパが読み聞かせをしました。

 

 

そして「英会話教室」の宿題のフォニックスのCDを聞いてカードを読むことも、昨日はベッドでしたいと娘が言うので、

 

娘は寝室にそのセットを持っていき、終えた後は、昨日は「英会話教室」のフォニックスのCDを私がかけて、それを聞きながら娘は眠りました。

 

昨日の母の感想と反省

 

昨日は「聞く」「読む」「話す」については、今の娘の出来ることができて、とても良かったなぁと思います。

 

残りは「書く」ことについて、「書く」ことは、日本語でも小学生になると国語の授業も始まりますし、6歳の今に合う、英語の「書く」ことを、今後は探したいと思います。

 

(今は、もう少ししたらやってくる公文式の英語の体験を、娘が楽しんでくれたらいいなと思っています。)

 

今日も、ここまでお読みくださりありがとうございます。

 

ご訪問ありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで子どもが小学生3年生になり、英語以外の家庭学習についても今、楽しく学べる家庭学習を試行錯誤しています。そこで実際に使って良かった①基礎学力を固める教材・学校の勉強にも役立つ教材②中学高校での英語と算数にも役立つ教材③考える力を育む教材の3つについて書いていきたいと思います。また子育てについての本で良かったもの。小学生が訪ねたい科学館・歴史施設、プログラミング学習の最新情報なども書いていきたいと思います。