親子英語教室

親子英語教室☆大阪☆3歳から英語絵本の多読とシャドーイングを個人レッスンする「こども英会話教室」+「子どもがする英語絵本読み」start!

 

おうち英語.com 管理人の みやび です。

 

今回は前回の東京に続いて、大阪にも、英語絵本の多読を進めてくれる英語教室、または英会話教室がないかな?と探してみたところ、興味深い英会話教室がありました。

 

そこで今回は、その英会話教室についてと、

 

わが家で最近始めた「子どもがする英語絵本読み」について、少し書いてみたいと思います。

 

英語教室☆大阪☆3歳から英語絵本の多読とシャドーイングを個人レッスンする「こども英会話教室」

 

今回少し書いてみるのは、大阪にある、3歳から始める英語絵本の多読とシャドーイングの英会話教室「flamb」さんです。

 

img_4113

 

こちらの大阪の英語教室「flamb」さんの特徴は、3歳から英語絵本の多読とシャドーイングを主体に、英会話のレッスンをされている点です。

 

歌ったり踊ったりの英語のレッスンも楽しいですが、英語絵本の多読とシャドーイングの(音声に合わせて英語を読む)レッスンも、長い目で見て、子どもの英語にとても役立つレッスンになるのだろうなと思います。

 

このレッスンの形は、この「flamb」さんの代表の先生の、英会話教室の生徒さんで英語力を付けられていった方の学習方法を取り入れて、この形になったそうです。

 

そしてこちらの「flamb」さんのもう一つの特徴が、マンツーマンの個人レッスンです。

 

幼児の英語は、おそらく、教室に行っている以外の時間、自宅でどのくらい子どもが英語に取り組むかで、英語を習得するスピードが大きく違ってくると思うので、マンツーマンの個人レッスンというのは嬉しいなと思います。

 

img_4115

 

家の近くにあれば、ぜひ体験してみたい「flamb」さんです。

 

そしてわが家のおうち英語についても少し、また少し加えてみたことがあります。それは何かというと…

 

「子どもが自分で読む英語絵本読み」のスタートは、ごく簡単な絵本から

 

少し前に記事にしたのですが、私が娘にする英語絵本の「読み聞かせ」での「多読」の取り組みが、私の英語力の関係で、今後(私が)辛そうなので、DWEディズニー英語絵本の「精読」に切り替えることにしたコトを以前に書きました。

 

そのDWEの絵本の「精読」は毎晩少しずつ少しずつ、進めているのですが、やはりいろんな英語絵本を読む「多読」も、今後は必要になるし…どうしよう?と考えて…そして思いつきました。

 

そうだ…英語が苦手な私が英語絵本を「読み聞かせ」するのではなくて、娘が自分で英語絵本を読めばいいのではないか…?と。

 

そういえば娘、英検Jr.GOLDを取得した辺りから、もう今は、簡単な英文は自分で読めるようになっています。

 

そうだ!そうしよう…自分で読んでもらお!

 

ということで、久しぶりに出してきた、とても簡単な「サイトワーズ」の絵本や、CTPの一番易しいレベルの本を出してきて、以下のようにセットしました。

 

そして娘が、好きな本を自分で2冊選んで、娘が自分で読んでいく形の「多読」に取り組んでみることにしました。

 

img_4108

 

そして上記の絵本セットを前に、娘に「絵本読んでみる?」と私が聞くと、娘、しばらく読んでいない本でしたが、一人で自分で音読して読んでいました。

 

娘は、おうち英語をスタートしてから9ヶ月に入るのですが、今はほぼ毎日「パルキッズ」やワークブック等で、英文に娘は取り組んでいるので、英語絵本もごく簡単なものなら自分でもう読めるようになっていました。

 

ということは…英語が苦手なママが、英語絵本の「読み聞かせ」をしないでもよくなる方法として、

 

初めに「パルキッズ」などの英語教材で、子どもに先に、英語を「読む」力をしっかりと付けていく。

→そして英語絵本の「多読」は、英語力がついた子どもが自分で読める、易しいレベルの英語絵本を用意する。

→子どもが自分で英語絵本を読む。

→英語が苦手なママは、子どもに英語絵本の「読み聞かせ」をする必要がなくなる…

 

という方向でうまくいかないだろうか?…と、ちょっと今、期待しています。

 

そのうち、本当に子どもに英語力がついてくれば、英語教材を併用しながら、英語の本の多読については、本屋さんで、子どもに自分で読みたい英語の本を選んでもらう…とか、

 

もしくは、そういえば、少しストーリーの長い英語の絵本や、分厚い英語の本は、近くの図書館にもあったし…

 

子どもに英語を読む力がもっとつけば、英語の本の多読も私の補助無しでなんとかならないかな?と私、期待しつつ…今後も、子どもの様子を見ながら、英語の「多読」の試行錯誤もしてみたいと思います。

 

まとめ

 

前回の東京に続いて、今回は大阪の英語教室について書いてみました。

 

調べてみると、今はいろんな形のこども英語教室、親子英語教室があるのだなと思いました。

 

またその教室の中に、英語の「読み」「書き」、また英語の本の「多読」に力を入れている英語教室も多くありました。

 

英語の「読み」「書き」、大切なのですね…

 

娘と私もおうち英語で、今後も「読み」「書き」に取り組んでいきたいと思います。


↓よろしければこちらもご覧ください

突然ですが私の英語力の自己紹介&私が娘に英語力を付けたい理由+英語絵本の「精読」について

 

↓親子英語ランキングにちょこっと参加しています
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 

ABOUT ME
みやび
みやび
「英語苦手ママ」が5歳の娘と『おうち英語』を開始して、小学3年生の娘が英検4級を取得しました。その子どもの『おうち英語』をとうして自宅学習の大切さと可能性を感じました。 そこで子どもが小学生3年生になり、英語以外の家庭学習についても今、楽しく学べる家庭学習を試行錯誤しています。そこで実際に使って良かった①基礎学力を固める教材・学校の勉強にも役立つ教材②中学高校での英語と算数にも役立つ教材③考える力を育む教材の3つについて書いていきたいと思います。また子育てについての本で良かったもの。小学生が訪ねたい科学館・歴史施設、プログラミング学習の最新情報なども書いていきたいと思います。